EXFIGHTとは

トレーニングジムEXFIGHTは格闘技はもちろん、目的別のグループエクササイズやヨガからパフォーマンスU P、ボディメイク、リコンディショニング、栄養指導まで受けられる施設です。
格闘家オーディションで選ばれる未来のスターをプロ格闘家として育成すべく、フィジカルトレーニングから栄養指導、格闘技の技術指導まで受けられる本格的な格闘技系トレーニングジムです。

こんな方にオススメ

パフォーマンスUP、
コンディショニングを整えたい

プロのトレーナーに
しっかり解説してもらいながら指導を受けたい

楽しみながら
ストレスを解消したい

格闘技の基本を
一から教わりたい

トレーナー紹介

トレーナー

石井俊輔

目的に対して方向性は正しいのか、効果的な動作が行えているのかなど、トレーナーから太鼓判を押されることで、迷いが自信に繋がるのではないかと思います。皆さんの成りたい自分に少しでも近付けるお手伝いができれば幸いです。
トレーナー

石田光洋

EXFIGHTでは格闘技を主に指導しております。トレーニングはどれだけ継続できるかが大事だと思いますので、キツイだけではなく楽しさも、運動を通してご案内できるように心がけております。⽬標に向かって⼀緒に頑張りましょう!!
トレーナー

山田竜也

柔道整復師の資格を持っている為、EXFIGHTでは一般のお客様からアスリート、格闘家、アーティストやモデルの方々などのケアも担当させていただいております。日々のトレーニングやコンディショニングを通して皆様の人生がより良くなるようにサポートさせていただきます!
トレーナー

高木真緒

私自身ダンスが大好きで、プライベートでも毎日踊っています。ダンスの観点や女性目線でのポイント解説をこの動画を通してお届けして参ります。 トレーニングが楽しい毎日になりますように♪皆様の「頑張る」を継続させる、ストレスフリーのトレーニングをご案内致します!

ピックアップレッスン

タバタトレーニング
サーキットトレーニングの応用バージョン。タバタトレーニングです。内容はとてもシンプルで、20秒間動き、10秒間休むを8セット、合計4分間行うサーキットトレーニングになります。タバタの定義は4分間と短い時間ですが、終わった後にまだ動けるようならそれはタバタトレーニングではない、と言われています。強度は高いですが、時間がない方も日々行い続けることで効果を実感できるオススメトレーニングです。
ポイント・コツ
今回は2種目をチョイスしてご案内しています。動画の説明のように動作ポイントをしっかり確認してみてください。種目の中身は入れ替えて行っても大丈夫です。なるべく全身を使う種目をオススメします。4種目を2セットの合計8セットや、8種目全て違うトレーニングメニューにしてもO Kです。20秒間の中でその種目を何回できたかをメモし、日々記録を更新していくことで可視化した能力向上も見ることができますよ!
EXFIGHT

山田竜也

Hipアクティベート
下半身のトレーニング、例えばスクワットやランジなど正しいフォームはできているのにどうしてもお尻を使った感じがしない。という方へ特にオススメのトレーニングです。集中して刺激を入れ、実際に感じることを繰り返すことで脳に正しいお尻の筋肉の使い方をインプットできるようになります。
POINT
足の幅や、お尻を上げる高さ、力の入れ具合などよりテクニカルな種目の為、動画のように正しいフォームをキープしながら動作はゆっくり行うことをオススメします。動作時にご自身の手でお尻をタッチしながら行うことでより使っている筋肉を意識しやすくなります。もちろん理想はタッチしなくても意識できるといいですね。横になって行うトレーニングは辛くなると段々と低くなってきてしまうので、フォームが乱れない程度に高さには拘っていきましょう。回数は決めうちせず動作を繰り返し、焼けるような熱さを感じられるようになれば効いている証拠です。短い回数でより意識できるようになればマッスルコントロール上級者ですよ!
EXFIGHT

石井俊輔

プランク(体幹トレーニング)
身体の機能の一つ“安定性”を向上させる体幹トレーニング。安定性を向上することで、滑らかな動きとの相乗効果が得られます。ダンスや様々なスポーツにはもちろん、姿勢改善にも繋がるトレーニングです。
ポイント・コツ
フォームにとても効果が左右されるトレーニングです。頭の先から足の先まで綺麗なフォームを維持することがポイントになっています。背伸びをしない強度の調整をチョイスしてみましょう!まずは30秒からトライ!
EXFIGHT
基礎

石井俊輔

下半身(股関節まわり)のダイナミックストレッチ
股関節まわりの可動域を広げ、滑らかに動きを手にいれる為のストレッチです。大きな動きには柔軟性や可動域が必要です。また十分な可動域がないまま、無理矢理大きな動作を行うことで怪我に繋がるかもしれません。パフォーマンスU Pはもちろん怪我防止にも役立つW-UPです。
POINT
膝の伸ばす、曲げるや爪先の向きを意識して丁寧に、ゆっくり行ってみてください。呼吸は止めないようにしましょう。運動やレッスン前に行うと効果的です。一つの動作につき10秒を目安に行ってみましょう!
EXFIGHT
基礎

高木真緒

レッスン一覧