EXFIGHTとは

トレーニングジムEXFIGHTは格闘技はもちろん、目的別のグループエクササイズやヨガからパフォーマンスU P、ボディメイク、リコンディショニング、栄養指導まで受けられる施設です。
格闘家オーディションで選ばれる未来のスターをプロ格闘家として育成すべく、フィジカルトレーニングから栄養指導、格闘技の技術指導まで受けられる本格的な格闘技系トレーニングジムです。

こんな方にオススメ

パフォーマンスUP、
コンディショニングを整えたい

プロのトレーナーに
しっかり解説してもらいながら指導を受けたい

楽しみながら
ストレスを解消したい

格闘技の基本を
一から教わりたい

トレーナー紹介

トレーナー

石井俊輔

目的に対して方向性は正しいのか、効果的な動作が行えているのかなど、トレーナーから太鼓判を押されることで、迷いが自信に繋がるのではないかと思います。皆さんの成りたい自分に少しでも近付けるお手伝いができれば幸いです。
トレーナー

石田光洋

EXFIGHTでは格闘技を主に指導しております。トレーニングはどれだけ継続できるかが大事だと思いますので、キツイだけではなく楽しさも、運動を通してご案内できるように心がけております。⽬標に向かって⼀緒に頑張りましょう!!
トレーナー

山田竜也

柔道整復師の資格を持っている為、EXFIGHTでは一般のお客様からアスリート、格闘家、アーティストやモデルの方々などのケアも担当させていただいております。日々のトレーニングやコンディショニングを通して皆様の人生がより良くなるようにサポートさせていただきます!
トレーナー

高木真緒

私自身ダンスが大好きで、プライベートでも毎日踊っています。ダンスの観点や女性目線でのポイント解説をこの動画を通してお届けして参ります。 トレーニングが楽しい毎日になりますように♪皆様の「頑張る」を継続させる、ストレスフリーのトレーニングをご案内致します!

ピックアップレッスン

スーパーセット-①- / [上腕二頭筋・上腕三頭筋]を同時に鍛える時短トレーニング
[上腕二頭筋・上腕三頭筋]を同時に鍛える時短トレーニング
ポイント・コツ
アームカールはなるべく肘固定し、降ろす際は丁寧に行いましょう。 キックバックは肘を固定しながら動作を繰り返す、肘を曲げる際は丁寧に行いましょう。 ※動作中、筋肉がブルブルしているときは効いている証です。
EXFIGHT

石田光洋

サーキットトレーニング
色々なサーキットトレーニングの中から、基礎編として誰でも行えるような強度や内容のサーキットトレーニングをチョイスしています。心拍数を上げた状態を維持しながら動作を連続で行い続けることで脂肪燃焼やスタミナ向上に効果的なトレーニングです。今回は3種目を選んでご紹介していますが、種目の中身を入れ替えて行っても大丈夫です!
POINT
動画の説明のように動作ポイントをしっかり確認しつつ、なるべくダイナミックな動作を試みてください。また動作中は休まないで行うことが効果を最大限に出すポイントとなります。7分間の中で各種目7回行い続けるサイクルとなります。7分間の中で何周できるかチャレンジしてみましょう。まずは5周クリアを目標にLet’s circuit!
EXFIGHT

山田竜也

プッシュアップ
自重トレーニングの王道プッシュアップ(腕立て伏せ)です。皆さん人生で必ず1度は行ったことがあるのではないでしょうか。メインの筋肉は胸となりますが、補助的に使われる肩の前や二の腕も鍛えることができます。また、姿勢をまっすぐ維持しながら動作を行う為同時に体幹周りも強化することができます。見た目だけではなく、スポーツなどの競技パフォーマンスにも繋がるトレーニングです!
ポイント・コツ
手の幅や位置、姿勢、沈み込む深さなど正しいフォームがとても大事になります。動作はフォーム習得や使ってる筋肉が意識できるように、動画を参考にゆっくり行いましょう。また、動作中は顎を引きすぎてしまってオデコが先に地面へ触れないように気をつけましょう。キツくてフォームが維持できない、回数がこなせない方は両膝を地面に接地した状態で行ってみましょう。手の幅を狭くする二の腕バージョンもぜひトライしてみてください!
EXFIGHT

石井俊輔

サイドランジ
日常生活では前に進む(歩く)ことだけがほとんどだと思います。ですが、下半身は後ろへ戻る動作や横への動作も機能としています。特に競技などではパフォーマンスにも直結する大切な動作だと言えます。サイドランジを取り入れることで下半身の筋力、股関節周りの柔軟性、サイドステップに必要な身体への適応、シェイプアップなど様々な効果も得られます。
POINT
トレーナーからのポイント、コツ: ランジと同じく正しいフォームがとても大事です。それぞれの脚の位置や、爪先や膝の向き、横からの股関節の角度やお尻の位置などしっかり動画で確認しながら行いましょう。特にしゃがんだ時に膝が爪先より前に出てしまうことは防いでいきたいです。横からのアングルにて自分自身を撮影してみると現在の動きの状況が把握できフォーム改善にも繋がると思いますのでとてもオススメです。
EXFIGHT
基礎

石田光洋

レッスン一覧